2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

★フィギュアスケート。オリンピックが楽しみ。

あっこちゃんのツイッター見てたら、長洲未来ちゃんのツイートがあって、未来ちゃんも全日本に居たのを知った。おお!武田奈也ちゃんのブログを見たらば、一緒に写真撮ってた!

未来ちゃんはアメリカにてオリンピック出場を勝ち取ることができるのか、ぜひがんばってほしい。
アメリカ娘ちゃんたちも3枠あったはずだ。久々のザ・アメリカ人グレイシーゴールドとか、アシュリーとか、みんな可愛くてみんな大好きだが未来がんばれ!!!

ななちゃんは相変わらず可愛い♪♪あきちゃんも元気そうでうれしい。そして太一君を応援していたのであろうまりんちゃんとみゆちゃんとも撮っていた。ああ。眼福。

ところでのぶなりは引退してしまうのね(泣)。
エキシビを見てたら、あっこちゃんの演技に感動してあっこちゃん本人よりも号泣している姿が映っていて、ああ。いいやつ(泣)。と思っていたのだが、最後にまさかの引退宣言を聞くことになろうとは(号泣)

最後に世界選手権に繰り上がるという手もあったと思うんだけど!そもそも小塚くんすら四大陸しか派遣されないって・・・。
うーんでも日本開催なのが災いして、オリンピックと世界選手権の代表が同じなのかな・・・。

のぶなりがメンバーみんなに愛されている様子が伝わってきてもらい泣き。
しかしあっこちゃんが感動的なコメントしてる最中だし、この後別の局のニュース見てたら、大ちゃんたち男子陣もやってきて感動の抱擁をかわしていたのに!!そこまで映してくれよフジテレビよ。

さらに何故か2位なのにたつきはアンコールしか放送してくれなかった!ひどい・・・。
まさか「白夜行」(使っているのはTBSドラマ版の音楽らしい)なのがまずいのか???
あ、手の流血仕様がフリーの大ちゃんを思い出させるからダメとか???
・・・と思ってたら最後にたつきの放送しなくてごめんね!てコメントが入っていた。しかしなんだよトラブルって!!!ニュースでは普通に流れてたぞ白夜行。
たつきが自分で振付したこだわりのナンバーなんだから映してくれよ。

たつき君はいつも独自な世界の英文和訳みたいな発言をする愉快な人なのだが、若干迷子になりそうになりつつ、何とかコメントする彼を隣で大ちゃんが若干大丈夫か??て顔になりつつすごくお兄ちゃんな感じで見守っていたのが可愛かった。

そして今回もランビエールがゲストで来てたので、ランビも放送してほしかったです・・・。
放送すらされなかったジュニア陣も。


オリンピックがどうなるか分からないけど、久々のエキシビ番長、ハビエルにはぜひ頑張ってほしい。そしてチームメイトとして、ゆづが水かけ係をやろう!

そして先ほどニュースで、ロシア国内選手権でプルシェンコがSP首位に立ったことを知る。
バンクーバーですら驚きだったのに、30代で4回転跳ぶってさすがは宇宙人。

のぶなりも引退している場合じゃないぞ(泣)。

パトリック・チャンは、果たしてカナダ男子の呪い(大本命が金メダルを取れない)をついに解いてチャンピオンになれるのか、全員バンクーバーのジュベ並みに大自爆するなどの衝撃的な事態が起こって誰か(テン君とか?)がぱっと取っていくなどの事態はあるのか、はたまた4大会連続メダリストというフィギュアシングル選手としては空前絶後であろう記録をプルが打ち立てるのか、日本選手はそこに割って入れるのか、楽しみです。

思えばソルトレークでヤグプル一騎打ちしてた時の日本のエースは武史であった。もう我々の中では歴史となっている出来事。なのにまたソチに君臨しようとしているプル。もはやまんがの世界。
銅メダルは武史ティモシー僅差の戦いでティモシーが勝ち、あと一歩でメダルに届かなかった。

武史が切り開いた道を、大ちゃんが信成、こづかくんとともに越えてゆき、そして今ゆづが続いている。
トリノの時の大ちゃんのコメントがすごく印象に残っていて、彼は先人(武史)への尊敬と気遣いが自然にできる人なんだなと思ってすごく好きだなと思った。
今回も、率直に自分が選ばれた事への気持ちを語っているけど「崇彦のためにも」と言われて素直に納得できる、日本フィギュア陣の独特の距離感は素晴らしいと思う。
翌日の女子の応援を大ちゃんこづムラ君のぶなり並びで盛り上がって見てるとかもそうだし。彼らは終わった瞬間に切り替わるんだな。
表彰式もいつも和やかだし。

たぶん今回が普通の世界選手権だったらこづこづが行ったと思う(というか多分大ちゃんは棄権したと思われる)し、せめてこづこづは世界選手権に行かせてあげたかったけど・・・大ちゃんオリンピックで燃えつきそうだし(だが日本開催なので最後に出なくては!!!!!とも思いそう・・・)、それこそ大ちゃんが27で、プルにいたっては30オーバーで4度目のオリンピックメダリストを目指している今、女子はあっこちゃんが28才にしてさらなる進化をとげ、みきちゃんは出産後半年で最終グループに戻ってくるすごさを見せた今、こづは1シーズンお休みとかして怪我をゆっくり直して、そこからまた不死鳥のように復活する道をさぐってもよいのではと勝手に思う。


今回、最後の試合だと思って、3位以内に入る事ももちろんだけど、怪我してようがなんだろうか4回転を2回入れずにはいられない大ちゃんとか(彼はバンクーバーでも跳ばなかった方が順位は上だったかもしれないのに4回転を跳びに行ったし)、最後の最後に難しい3回転3回転に演技構成を変えるみきちゃんとか、調子悪くてもひたすら3回転半を飛び続ける真央ちゃんとか、基本的に、もちろん金メダルとか、優勝は目標だとは思うんだけど、それよりも多分自分の思う最高を追い求める事の方が強い動機となっていると思われる。
日本選手陣は、一般的な意味での欲とか勝負師ではないのかもしれないけど、別の意味で誰よりも勝負師で潔くて、そこがすごく好きだ。
彼らが輝く未来を、2月に迎えられますように。

あとここで突然出すのも変だけど(笑)、ベルネルがやっと、やっと、復活したという噂を聞いたので!!ミハルとともにチェコの二人がどちらも実力を発揮できますように。ということもオリンピックに向けて祈りたいと思います。

初めてシングルでも有力選手が出てきた中国陣とか、プル以外のロシア人て今誰がいるんだっけ??な男子とか、いっぱいいすぎて誰が誰かもはや分からないロシア娘ちゃんたちとか、コストナーに今こそメダルを取らせたい!!とか、色々と楽しみです。

2013年12月24日 (火)

★フィギュアスケート全日本選手権を見る。すごい大会だった!

十数年ぶりに、生で観戦してきた。フィギュアスケート。私が見たのは12月21日のアイスダンス・ペア・男子シングルのショートの日。

そして本日すべてが決着。
すべてがすごい大会だった。

オリンピック選手の選考は男子以外はスムーズだったと思う。男子は大ちゃんが滑り込みましたね。
大ちゃん本人は試合直後に終わった感を醸し出していたが、選考基準的にはどっちかというと大ちゃん有利な感じだったから納得。

こづこづは今季の成績がいまいちだったから、やっぱりたつき君位のインパクトが無いと、今回3位でも、今季の国際大会でも1大会でも優勝しておくとか、今季はいまいちでも世界ランクは高いとかが無いと、難しかったのではないかな~と思う。フリーでパーフェクト演技をしての3位とか。
フリーでは信成にも負けたしな・・・。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

今回、フィギュアを十数年ぶりに生で観戦して、ものすごく上(4階)から見下ろしていたが、それでも思ったよりは豆じゃなかったし、すごく楽しめた!!

テレビでは放送されない若手選手も見られたし♪やはりジュニア選手の勢いが感じられた。中二の山本草太選手とか、見ていてうまいなと思ったし。
みゆちゃん兄本田太一選手は可愛かった。
しょうま君が大きくなっていた。やっぱりうまかった。彼のまったく軸のブレない高速スピンがとても美しかった。

正直上すぎて顔など分からないので、やっぱり顔よりはスタイルの良さが必要!!て思ったのと、あと、今まで変衣装をばかにしてごめん!!あのやりすぎ感は必要だった!!ヨナちゃん顔芸しすぎと言ってごめん!!顔芸、必要!!!と思った。

まあ埼玉スーパーアリーナはフィギュアとしては大きすぎる会場なのでそこまで大げさなものが必要かは分からないのだが、やっぱり地味な衣装とかは埋没するなと思い。

心なしか第4グループ以降(有力選手ゾーン)衣装の輝きが増した感があったのだが、やはり衣装にお金をかけられるかどうかという点も大きいのかなと思った。


テレビだと分からない、会場の応援の様子とかも楽しかった。

あ!物販になぜか自ら売り子をしている宮本賢二氏が!!!すごい人だかりで、私も「みやけんがなぜここに!!イケメン!!」と興奮していると、「どなたですか??」と見知らぬ方に聞かれた。そうだよね。普通の人は振付師の顔など知らん!
そこで「振付師で元アイスダンススケーターで、大ちゃんのショートの振付をしたりしています!!!」とアピール。

男子も女子も、気づくと振付が「宮本賢二」だった気がした。印象に残るプロがみやけんという事も多く、なんか半分位みやけんじゃないかという気になった。←そんなことはない。でも1/5位みやけん。


基本的に応援の声が同じクラブの子なのかな?って若い女の子が多くて微笑ましかった。
特に関西大学は黄色い声援がすごく飛んでた。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

第4グループ最初のたつき君が一番印象に残った。
素晴らしい気迫でパーフェクトなすべり。ものすごいドヤ顔で挨拶しても許す。
個人的には大ちゃんたつきを応援していたのでうまくいってすごくうれしい。

ムラ君のコンボ抜けは見ている間はルールもよく分かってないので、なぜにそんな低い点なのか分からず。

信成君は6分練習からすごく表情が硬くて、出てきてもやっぱり表情が硬くて、やっぱり微妙に失敗してしまったので残念。

しかし、試合はよく考えたらば解説とか聞ける訳でもなく、結構静かにさくさく進んでいくので、長年の適当フィギュア好き、しかも4階からの観戦では、一体何が失敗したのか、点数の差はなんの差なのか、見ていてもさっぱり分からないのであった。

信成が4回転失敗したのは分かるけど、なぜそんなに浮かない顔で終わったのか、点数が低かったのかその場では分からず。

ゆづ君は遠くから見ても分かるスタイルの良さ。次世代の別人種だと感じた・・・。
そして演技も別人種であった。素晴らしい勢いと完成度。

大ちゃんは怪我はもっと悪いと思っていたので、思っていたよりはよかった印象。だがやっぱり痛いんだろうな・・・。でも実際に生で見て、演技構成点が高いというのはこういうことか。と納得。何か分からないけどすごく引き込まれる。
アリッサ・シズニーとかもそうだけど、例えジャンプ全部失敗しても何となく満足できるプロを見せてくれる選手だと思う。

こづこづはうまいことまとめた感が。だが思ったよりも点数が高くて、会場もどよめいたし本人も驚いていた。

最終滑走は佐々木彰生選手。あきお君はほんとに人気があって、声援もたくさん飛んでいた。彼は本当に独特の選手で、ジャンプは苦手だけど、氷上であんなに踊れる選手は他にいないと思う。彼がスウェーデン人とかだったら普通に国際大会もばんばん出られたのでは思うと日本の状況が本当にもったいない。

あ、あと、ランビエールが会場にいた。かっこよかった。

生で見てみて、タイムスケジュールが分単位で決まっていて、大体その通りに進むんだなとか、前の選手が終わった途端に次の選手が練習を始めるんだなとか(だから否応なく前の選手の得点は聞こえるし、大人気選手の後だとフラワーガールズがお花回収してる間を縫わないといけなくて大変そう)、結構あっさりさくさく進むんだなとか、みんなプログラムの写真はもっと気合を入れて撮った方がいいのではとか(みんな証明写真みたいだった)、いろんなことが分かって、楽しめてよかった。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

そんなこんなの生観戦を経て、翌日男子フリーをテレビで見たのだが・・・まさかの健人すら放送されなかった(泣)。でもあきおは放送。この差はなんだろう・・・。

フリーも気迫十分なたつきの火の鳥は素晴らしかった。すごく鳥だよなたつき。
2年位前に、ランビエールが「たつきの才能にひとめぼれ!!!!!彼は素晴らしい!!!!!」みたいに激賞していたのを、いやたつきはいい選手だと思うがそこまで大絶賛するほどなのかな~と思っていてごめん!!さすがランビ先見の明があった。会場で見ていて彼も満足であろう。
いつも思うが、たつき君のインタビューは日本語ペラペラなアメリカ人(未来ちゃんみたいな)みたいだなと思う。英語で考えて日本語に訳して話してるみたいな独特な語彙。カタカナの発音が基本英語。独特で面白い。
すごくアーティスト思考なのになぜかたくなにその髪型なのかも気になる。大ちゃんに憧れたなら髪型も含めて衣装という彼のこだわりに対しても憧れてくれ。

そして信成。こういう演技を生で見たかったよ!!!でも素晴らしかった。彼らしいプログラムで、輝く信成を見られて本当によかった。フリーは3位。つくづく前日の緊張感にのまれた様子が残念。ショートは無理やり笑ってる感があったけど、フリーのステップ前の笑顔はすごく素敵だった。

彼は去り際に、次の演技者である高橋選手に「大ちゃんガンバ!」と大きな声をかけていった。

こういうオリンピックを選考している場で、次の選手に対してすごく自然にこういう事を言えちゃうのが信成の魅力であり、でも同時に競技者としての限界でもあるのかなと思う。
でも私はこういう声が本当に自然に出てきちゃうからこそ信成だと思うし、そんな彼がすごく好きだ。

やっぱり採点スポーツは「相手を蹴落としても勝つ!!!!」というメンタリティとはまた違う世界観で競技をしている人がたくさんいて、それは世界を争うトップ選手でも同じなんだなと改めて思う。

小さい頃からずっと一緒に競技を盛り上げてきて、そして今ここにお互い集大成の場を迎えている。大学も同じだし、怪我している感はありありと分かるし、やっぱり自然に出てきたんだと思う。

そして大ちゃん。こういう状態で4回転を2回入れようとするところが本当に高橋大輔だなと思う。
はじまってすぐに手が赤く染まっていて、ジャンプはあまり決まらなかったけど、それでもすごく伝わってくるものがあって涙・・・。
大ちゃんは本当にドラマティックな演技者だけど、フィギュアスケート人生そのものも本当にまんがみたいな展開だなと改めて思う。
大ちゃんを見ながら、みきちゃんが世界王者になった年を思い出した。間違ってるかもだけど、確かその時みきちゃんは肩を脱臼しながらも何とかやりきって世界への切符を手にした。
この時点では大ちゃん本人はもう何か諦めてたけど、でも、何とか踏ん張ったことで次にきっと輝く未来が待ってると思うよ!!と勝手に思いながら見てた。

しょうまくん。可愛い。そして美しい。前回のかなこちゃんを思い出す。こんなすごいグループに放り込まれた経験が4年後に花開きますように。
衣装も何か可愛くて好き。

こづこづ。復活できてよかった!!やっぱり端正なスケーティングで大好き。
だが3位に入ったものの、代表に選ばれるにはちょっとインパクト不足かな・・・もうちょい4回転がパーフェクトに決まるとか、鮮烈さが欲しかったよ~。

★☆;"・.★☆;"・.★☆;"・.★☆

女子まで感想が追い付けない(泣)。

あ、あと、生で見られたなるみちゃん・龍一ペア。結成して1年経たないのにこんなにすぐペアってできるものなのか??龍一くんすごいな・・・。
二人はまだ若いし、これから頑張ってほしい。オリンピックは残念だったけど、団体戦は出られるし、いい経験になりますように。

アイスダンスもリード姉弟はもちろん、初めて見るカップルも見られてよかった。
やはりアイスダンスはとりわけ衣装が派手な気がする。眼福。


« 2013年4月 | トップページ | 2014年2月 »