2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

11★ニュースを見る。

2007年4月 4日 (水)

★忍者議会。

4月2日、忍者で有名な三重県伊賀市にて「忍者議会」が開かれたとの記事を読む。

全市議34人と今岡睦之市長を始め市幹部36人が揃って忍者姿で普通に審議をしたらしい。
男性は黒、女性は赤や黄色、青などのくの一の姿にて会議開始。
市長は古風な巻物風書面をもって登場。

しかし審議内容はいたって普通かつ重要な市立幼稚園条例改正案など2議案だそうだ。
議員は「もの申す」などと言って質問したとのこと。

こういうしょうもない事に真剣に取り組む姿勢が好きな私にとって非常に心惹かれるニュースであった。

「一部議員からは「忍者姿では気持ちが緩む」などと反対意見もあったという。」(毎日新聞)とのことで、やはりこの愉快な行事のために全市議を説得して実行した実行委員長(がいるかどうだか分からんが)は素晴らしい。
気持ちが緩むとかそういう問題でも無い気もしないでもないが。

しかし忍者で有名な里でよかった。
もしこれがこれが「レースクイーン輩出日本一の街!!」や「ゴシックロリータ服の生産全国90%シェアの村」等だった場合「じゃ、今度の市議会は全員レースクイーンで!!!!」「やっぱりロリータ議会を開くべきだろう」等という訳にもいくまい。
「全員忍者」が実行できてよかった。

この催しは「伊賀上野NINJAフェスタ2007」の観光客誘致のための一環とのこと。
5月6日までやってます。
NINJAのロゴがかっこいいッス。

「観光コスプレガイドもいるよ」と楽しげな文字が書いてあるのも気になる。
コスプレガイドとはやはりステキ忍者コスプレにて街のヒミツをこっそりガイドしてくれる忍者ということだろうか。

かつて忍者屋敷に行った際思っていた以上にテンションがアップし忍者気分に浸った事のある己。
忍者という言葉に無駄に反応し心躍るオイラは今すぐNINJAフェスタに行くべきかもしれないと気持ちが盛り上がるのであった。

2006年10月13日 (金)

★50万円キーボード発売。

キートップに輪島塗加工を施した限定キーボード「HHKB Professional HG JAPAN」が発売されるとのニュースを見た。

50万円・・・本体何台買えるんだろうドキドキドキ。
記事によれば、ものすごく使い心地がよく、「もーうできるならずっと触っていたい♪」ステキな触り心地のようだ。

が、これ無刻印なのですよ。

ん~普段改めて文字部分を見るかと問われると見てませんが、でも全く何も書いてないと「あれ~これなんだっけ??」と思った時に困る気もする。

一体これはどういう人向けなのか??
無刻印でOKな人とは結構ヘビーユーザーだろうし。でも50万円だし。

無刻印で使えてしかも50万円をキーボードに出そうと思う人とは一体どんな人なんだろ。
気になります。

2006年8月23日 (水)

★妖怪そっくりコンテスト。

水木しげる氏の故郷は地域に密着して妖怪をさまざまに楽しめる都市として有名だが、先日この鳥取県境港市にて「妖怪そっくりコンテンスト」が開かれた事を知る。

仮装部門とそっくりさん部門に分かれ、多くの人々がエントリー。
大賞は、仮装部門は子泣き爺に扮した札幌市の男性、そっくりさんはあかなめ似の尼崎の小学生女子がGET。

水木しげる氏も「驚くほどそっくり!!」と大絶賛らしい。

あかなめってどんな妖怪だっけ??そして大賞になってしまった尼崎の小学1年生ちゃんはきっとあだ名があかなめになると思われる・・・いいのかあかなめで。いやいいけどさ。

私は残念ながら全く妖怪には詳しくなく、大昔に水木氏の著作「妖怪事典」を友人とともにさらりと見た程度。
なんか、ただ、沢かどっかに座ってるだけ。のナゾ妖怪(名前わすれた)が気になるな。程度の適当知識しかないのだが、妖怪の世界は奥深い。とコンテストの様子を聞いて思った。

そう言えば私のまわりにも子泣き爺似の人がいたな。
来年はぜひ参加をすすめてみるべきか。

2006年7月29日 (土)

★いや、間違えると思う気も。

『「ラッパのマーク」の胃腸薬「正露丸」で知られる大幸薬品(大阪府吹田市)が、ひょうたんマークの正露丸を作っている和泉薬品工業(同府和泉市)に製造販売差し止めと約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であった。
田中俊次裁判長は、社名とマークを除く箱のデザインの類似性は認めたが、「(識別のポイントとなる)ラッパとひょうたんは似ておらず、混同の恐れはない」として請求を棄却した。』
(yahooニュースの毎日新聞より引用)

皆さまこのニュースご覧になりました??

うーん確かに混同の恐れはないと言えなくもないけど、正直世の中の人々はもっと激しくいい加減だと思うので、「お店で間違え実験」とかしたらかなりの人々がさくさく間違って購入する気もする・・・。

明らかにラッパとひょうたんは違うんだけど、この大きな違いも「正露丸な雰囲気」にさくりと一緒扱いになるのだ。人々の頭の中で。

これは控訴するとまた判決が変わるかも・・・という微妙なラインな感じ。
似てる。似てない。の裁判はいつも難しい・・・。


しかし、今回のニュースで何よりも驚いたのは、「正露丸」が商品名ではなかったこと。
これ、一般名詞だったんだーびっくり。

世の中意外なものが一般名詞で意外なものが商標なんだよなとあらためて思った。
面ファスナーとか、ステープラーとかね。

2006年7月26日 (水)

★紫外線を教えてくれるビキニ登場♪

浴びている紫外線量を測定してくれる画期的なビキニ発売!!なるニュースを見る。

どうやらベルトにそのヒミツがあるようだ。
紫外線のレベルを数値で表示。海を楽しみながらも時々チラリとベルトをチェック♪
さらには、規定値を超えるとアラームが鳴る親切設計。

・・・果たして需要はどのくらいあるのか??
紫外線をそんなに気にする人があえてビキニを選ぶのか??

写真はシルバーの何かウルトラマンっぽい宇宙的な色合いだけどこれ一色なのか??
アラームが鳴ったら、具体的に「そろそろ帰りましょう」とか「建物の中へ避難だっ」とかの行動を起こせという危険度なのか??

何か普通に歩いていて突然ぴこーんぴこーんとか鳴ったらうるさくないか??


いろいろ、気になります。
誰か早速買ってどのように活用したのか教えて欲しい。

2006年4月 5日 (水)

★本物のサルにいかに近づけるか。

ニホンザル鳴き声選手権が先日大分市にて開かれたとのニュースを見る。

778匹の群れの中で29人が得意技を競いあったらしい。

サルの反応も審査基準のひとつ。

餌を取る様子などを再現し、じゃれあう2匹を友人と演じた大分県別府市の女性(26才)が見事優勝したとのこと。やるな26才。


一体どのように運営されている大会なのか。この29名は書類選考などが行われたのか。果たしてどんな鳴き声がニホンザルの心をぐっとつかむ事ができるのか。

さまざまに気になる大会である。


しかしよく考えるとあまり日常生活にてサルの鳴き声を聞く機会がないため、サルってどう鳴いているのかイマイチよくわからない・・・。

そんな無知なる我々への啓蒙も兼ねた大会らしい。100種類以上の鳴き声があるらしいよ。
ニホンザルに少し詳しくなったところで今日はもう寝る。

おやすみなさい・・・。

2005年8月22日 (月)

ゲゲゲの鬼太郎ゲタ飛ばし大会。

21日に、漫画家水木しげるさんの出身地、鳥取県境港市で「ゲゲゲの鬼太郎 ゲタ飛ばし大会」が盛大に開かれたというニュースを読む。


皆、鬼太郎と同じ黒と黄の横じまちゃんちゃんこ姿でゲタを飛ばし、飛距離を競うらしい。

会場は笑いに包まれる和やかな雰囲気らしく、ちょっと参加してみたくなったり。

あえてちゃんちゃんこを着なくてはならない所とか、優勝者の記録がすごいんだかすごくないんだか計り知れない所など(でもゲタ飛ばして20m超えると言うのはすごいと思うが)、奥深さを感じさせる「ゲゲゲの鬼太郎 ゲタ飛ばし大会」。

私が読んだ記事には、大阪府の方のコメントが掲載されており、様々な地域から幅広く参加者がいることも窺える。

うーん来年はエントリーを目指して、日々鍛錬に励んでみようかな等とうっかり思うサクラなのであった。


そう言えば今年も行けなかったけど、奈良の大和郡山で開催されている「全国金魚すくい選手権大会」も先日だったはず。
こちらもまた参加して金魚すくいに燃えてみたい。